5年間の品質保証
無料サンプル
高品質を低価格で提供

カーテン取り付けガイド


ハトメカーテン

一つ一つのハトメにポールを通していきます。最初と最後のカーテン端が窓のほうに向くようにします。最後のハトメのみポールの淵飾りとブラケットの間に来るように通し、カーテン端を固定します。


ダブルプリーツカーテン

ダブルプリーツカーテンは、ひだ状のプリーツが縫製加工済みなのでそのまま取り付けられ、見た目もすっきり。

カーテンフックの位置を決める

ひだ状のプリーツの裏側のカーテンフックの位置を決めます。もしカーテンポールにカーテンを取り付ける場合は、フックの位置を一番上にして、カーテンの上辺がポールより低い位置に来るようにします。カーテンレールに取り付ける場合は、フックの位置を中間にしてレールがカーテンの上辺から見えないようにします。

カーテンフックを取り付ける

カーテンフックと同じ数のレールグライダーまたはポールリングがあることを確認し、そのリング中央にカーテンフックをひっかけて通します。レールまたはポールの両端の最後のフックは、ポールの場合は淵飾りとブラケットとの間のリングに通しカーテン端を固定します。カーテンレールの場合は末端の固定リングに通します。


ギャザーカーテン

もしギャザーのカーテンを初めて設置される方は、必ず事前にこの説明書をお読みください。このガイドに沿っていたけば簡単に設置できます。各ステップをゆっくり丁寧に仕上げるのがポイントです。

カーテンテープのギャザーコード紐を結ぶ

まずカーテンテープの端から飛び出しているコード紐をまとめて結びます。この工程を忘れると、カーテンにギャザーが寄せられませんので注意が必要。 その結び目は2枚のカーテンがちょうど開閉する両端、カーテンの中央に来るようにします。


幅を確認する

ギャザーを寄せる前に、テープメジャーでカーテンの実寸を測り、ギャザーを縮める分量を割り出します。実際の窓の幅よりも2~3㎝程度大きめにギャザーを寄せるのがコツです。

ギャザーを寄せる

結んでいないほうのコード紐を引っ張ってギャザーを寄せていきます。ギャザーが均等に入るように調整しながら、必要な幅に縮めます。

ここではおおよそ均等にギャザーが入ればOKです。カーテンを取り付けてからもう一度ギャザーを均等に整えていきます。

ギャザーを寄せたほうの長いコードを結び止める

お好みのカーテン幅に縮められたら、コード紐の端を束ねて結びギャザーを固定します。長く残っているコード紐はそのまま切らずにまとめておきます。

長いコードを束ねてカーテン端にたらしておくか、小さく巻き取って表から見えないように裏地に安全ピンで留めます。

カーテンフックをカーテンに取り付ける

カーテンのギャザーを整えておきます。ここから少し細かい作業になります。がんばりましょう!

次に、カーテンレールの場合はグライダー、カーテンポールの場合はリングの数を確認します。その数を二等分したものが一枚(片側)のカーテンに取り付けるフックの数になります

カーテンテープの上にフックを均等に並べてみます。できるだけ均等になるように間隔を決めると、取り付けた時にきれいなプロの仕上がりになります。カーテンの両端のフックの位置は特に注意します。カーテン中央になるカーテン端は少し内側に寄せてフックを取り付け重なりが出るようにします。窓際の両端はできるだけカーテン端の近くにフックをつけるとよいでしょう。

テープには3段のフック用のポケットがあります。カーテンレールに取り付ける場合は一番下か中央のポケットにフックを引っかけて通します。カーテンポールの場合は一番上のポケットにフックを通します。間違えてフックをギャザーコードに引っかけてしまわないように注意します。

ではフックを取り付けてください。


カーテンをレールまたはポールに取り付ける

カーテンを取り付けます。取り付ける際に他の人にカーテンの下側を支えてもらうと、重みが軽減されるのでフックをリングに通しやすくきれいに仕上がります。

カーテンをポールに取り付ける場合、カーテン両端の最後のフックを淵飾りとブラケットとの間のリングに引っかけます。カーテンレールの場合は末端の固定リングに通します。

できあがり・・・お疲れ様でした!

工具は不要!

カーテンの取り付けは簡単。あなたのお部屋は模様替えが、ほんの数分で完了します。